三度の飯よりソフトテニス!

こよなくソフトテニスを愛する男の日記的な自己満的な子供たちとの成長ブログ

☆初心者必見☆並行陣から雁行陣へ~並行と雁行の違いとは、気を付けるべき4つの事~

こんにちは!

かーちです(^^♪

 

最近天気が不安定でモヤモヤな気持ちが続いています。

雨だとテニスも出来ずで精神的にやられてしまいそうです・・

久しぶりになにもない日を過ごそうとしても何をすればいいか分からず。

テニスの無い1日が33時間ぐらいに感じました。

長すぎて長すぎて震えそうです。庭に体育館欲しいです。

 

さて、日曜日は雨が降ったり止んだりでしたがテニスの練習は決行です。

f:id:kazumiyu:20190617145039j:plain

雨の日でも当たり前の様に練習に来る子達に少しだけ感心しながらグランディーで1日練習でした。

2面でしたので中学生と小学生に分けて練習。

午前中は基礎練習、午後から試合形式などを取り入れました。

うちのクラブは中学生、小学生共に圧倒的に後衛が多いというのは前にも書いたような気がしますがホントに前衛が少ないです。特に男子は。

 

中学校に入ると並行陣はとても少ないです。

ほとんどが雁行陣ばかりです。

なぜそうなのか。雁行陣の方が点が決めやすいからです。

小学生までは基本ダブル後衛の陣形が多いです。

打ち合って打ち合って自分はミスをせず相手にミスをさせる戦い方です。

ではなぜ小学生にダブル後衛が多いかと言うといくつ考えられますが

・後衛が左右に振られることについていけない

・前衛の身長が低い為簡単にロブで抜かれる&リーチが短い為前衛としてなかなか機能しない

などが考えられます。

つまり小学生の雁行陣は不利になる可能性が高いです。

中にはもちろん例外はあります。5~6年生からは身長も伸び身体能力も向上してくるので高学年になってくると雁行は増えますが前衛というのはなかなか難しいので上手く機能しているのは一部だと思いますが機能し始めると凄く有利です。

今までダブル後衛同士ばかりで試合してきている子も多いので小学生で雁行陣と戦うと戦い方が分からずに自滅していったり前衛に引っかかったりとドツボにはまるとなにもできずに負けてしまうこともあるかと思います。

しかし中学校でもテニスを続ける、または中学生からテニスを始めるといった子達の中で少なからず前衛にならなければいけない子が出て来ると思います。

 

もちろん中学校にもダブル後衛はいますが僕の人生でダブル後衛で県大会上位に進んでいるペアは見た事ありません。あ、ひとつ付け加えると「男子」ですね。

正直男子と女子の考え方って全然違くて・・女子はダブル後衛でも県大会優勝出来る可能性もあるし東北大会、全国大会、高校ではインターハイ出場、大学ではインカレ、社会人では全日本とどの年齢にも強いダブル後衛がいます。女性は。

けど男子は見たことが無いです。僕が見たこと無いだけかも知れませんが。

なので基本中学生からは雁行陣を推奨です。

 

では雁行陣を組む時に気を付けなければならない事とは何か。

これも上げればたくさん出て来ると思いますが。

1,前衛、後衛の向き不向き

2,戦い方、役割の理解

3,戦略、戦術の使い方

4,部活やクラブの組織的方向性

 

1,自分ってそもそも前衛と後衛どっちが向いているんだろう?やりたいと向いてるというのは違うこともしばしば。良く一般的に言われるのは

前衛向き

・性格は明るくて自己主張が強く前向き

・決断力、判断力が高い

・50メートル走や反復横跳びが得意。反射神経、反応速度が高い。瞬発力、ダッシュ力がある。

などなど (僕は完全に前衛向きですね)

後衛向き

・性格はマイペース、協調性が高い、冷静。

・動じない、忍耐力、鈍感力が高い。

・持久走やシャトルランが得意。フットワークの軽さ、前後、左右の動きが得意。

などなど(娘はもしかしたら後衛かな)

この向いてる向いてないは自分で分かる部分と周りから言われて気づくパターンなどがあります。全体的なイメージでいうと後衛向きが約7~8割前衛向きが2~3割ですね・・

あくまで向いてるだけで出来ない訳ではないと思うのでポジションが定まってない人はこういったのも参考に考えてみるのもいいかと思います。悩んだらどっちもやってみる。そしてやりたい方をやるのが一番の成長の近道だと思います。

 

2,戦い方と自分の役割が並行陣と雁行陣ではガラッと変わります。

今までダブル後衛ではどちらも後衛の為ミスらず繋げるが軸になって居ましたが雁行陣はそうもいきません。

前衛の役割は

・後衛が作ってくれたチャンスを1発で決める、自分の後衛の打つ球筋、相手の
    動きからベストポジションに素早く移動し攻めるか守るかを判断する。

・試合の大きな流れをつかみ取る

・決めたら大きな声で喜ぶ

・ミスってもへこまない

などなど

一言で表すなら『決める』これに尽きます。

後衛の役割は

・試合大半は後衛がボールを触る為、繋げて、崩して試合の基礎を作る

・前衛にチャンスボールを作る

 ・前衛がミスっても責めない、めげない、くじけない

などなど

一言で表すなら『繋げる』これに尽きます。

前衛は後衛に繋げてくれ、チャンスくれと思うでしょうし後衛は前衛に決めてくれー!と思うでしょうし。テニスってペア競技ですからね。お互いを尊重できなければ勝ち続けるのは難しいです。2人で1点。これ大事です。

 

3,これは少し難しい考え方なのかと思います。雁行陣始めたばっかりのぺアやテニス初心者は慣れてから徐々にやれればいいと思います。

戦略、戦術とはなんだ?というと・・例えば

戦略『前衛が決めて決めて決めまくる』

戦術『相手のバックを狙い浮かせたボールを作る』『ショートボールやツイストでチャンスボールを作る』

 などなど。戦略と戦術というのは違くて

戦略が、戦いに勝つために兵力を総合的・効果的に運用する方法で、大局的・長期的な視点で策定する計画手段。 戦術は、戦いに勝つための戦地で兵士の動かし方など、実行上の方策のことをいう。 現代では上記の意味から、戦略が、組織などが運営していくための将来を見通した方策や、目標を達成するためのシナリオ。←ネット情報参照。

簡単に言うと

戦略『目的を達成するための大きな作戦』

戦術『作戦を成功させる為の手段』

僕もこれが100%合ってるかは分かりませんが・・

勝つためにどういうことする?そのためにどう攻める?

みたいな感じですね。

後衛がレシーブを相手のバックのミドルに打つからクロスに浮いたやつ決めてね!みたいな話し合いが出来るといいのかなと。

 

4,学校や所属クラブ、顧問やコーチによって考え方は様々だと思います。

雁行陣でも前衛を活かす方針や後衛を主体に組み立てる方針、そもそも雁行陣やらないなのかダブル後衛、ダブル前衛しようなのか。それぞれあるかと思います。

その中で自分はどうすればいいのか、何を頑張ればいいのかを考えれると中学校、高校生になってもその経験が活かされると思います。こんなのやだとか、あそこはこうだとか矢印を自分にしっかり向けてその部活やクラブで頑張って欲しいと思います。

 

同級生で中学校は前衛でパッとしなかったのが高校に入って後衛に変わった子が居ました。メキメキ上手くなってそもそも後衛向きだったんだなと。そういった子も居るのでテニスってなにがあるか分からないですね。

テニスって奥が深い。なんでだろうを忘れずに頑張りましょう♪

 

中総体終了~県大会までの過ごし方で気を付けるべき3つの事~

こんにちは!

かーちです(^^♪

 

先日仕事から帰ってきたら娘が男の子と庭で二人で遊んでいました。

娘のテニス以外の生活が全然わかっていない僕なので少し新鮮さを感じつつ声を掛けたら少し照れ臭そうに笑いながらどっかいっちゃいました。

あれ?これってもしかして青春?と思いましたがかーちはそんなの許しません。

恋人はラケットとボールだけで充分です。ラケットを抱きながら寝て欲しいものです。

 

さて昨日は仕事が早く終わったのですが夜から予定が入ってたんでその間に娘と自主練をしました。

f:id:kazumiyu:20190613111328j:plain

19時までしか出来なかったのですが昨日はなかなかいい練習だったと思います。

直近で大会も無いので今は悪い癖の修正と細かい所の上達を目標に練習を行っています。

癖というのはやっかいなものでその癖が長引けば長引くほど直すのが大変になってきます。基本悪い癖を見つけたらすぐに改善するようにはしているので今の所は大丈夫だとは思っているのですが口酸っぱく言わないと本人も自覚しないのでそこらへんも気を付けています。

今の癖はグリップの持ち方。

初心者、始めて1年ぐらいの子に多い厄介な癖がこのグリップの持ち方です。

エスタンが強すぎたりイースタングリップが強すぎたりとなかなか個性的な持ち方な子がちらほらいます。自分の打ちやすい持ち方というのは人それぞれあるのですがあまりにもかけ離れすぎちゃうと速い球に対応できないとか安定性が落ちてしまうとか弊害が結構あります。やはり基本というところから大きく離れてしますのはよくないのかと思います。

娘は厚く持ちすぎてしまってる、ウエスタンを通りこしたウエスタンになってしまっているので普通に打ってもドライブがかかってしまう持ち方になってました。

打つ球が短いなと思っていたのですがグリップをそう持ったらそりゃ短くなるな~と。

なので昨日は持ち方をかなり意識させて一本打ちをかなり行ったら大分ましになってきたのでしばらく意識させて打たせたいと思います。

娘はまだそんなにテニス経験が長くないので修正はかなり楽な方かと思います。

良くも悪くもなんでもすぐ反映されます。肘を少し伸ばしなって言うと腕がピーンってなるぐらい伸ばすし・・もうちょっと曲げなさいと言うと肘があばらに刺さるぐらい曲げるし・・さじ加減は難しいですが今は叩けば叩くほど反応してくれる時だと思います。僕の感情も上手くコントロールしながら教えていければと思います。

 

さて本題ですが先日中学校の区や市町村、群の中総体がひと段落しました。

県大会に出場する子、引退した子、それぞれいたかと思いますが三年間の内容の結果が中総体ですので結果を受け止めてどうするのかが大切かと思います。

矢印を外に向けても何も解決しないし何の足しにもなりません。

県大会に行く子は残り1か月どう過ごすのか、引退した子は残りの中学校生活をどう過ごすのか。高校でテニスする人もしない人も。

では県大会に行く人はどういった事を気にして残りを過ごせばいいか。

1,練習は今できる事の復習、精度をあげる

2,出来るだけ多くの試合を行う

3,学校生活やプライベートでケガには細心注意を払う

 

1は今更新しい事を覚えるには時間が足りないので今できる事の精度を上げた方が試合に役立つと思います

2は試合で得れる事ってたくさんあるので自分よりも強い人とたくさん試合をするようにした方が試合慣れもするしいいと思います。

3は・・実体験ですが県大会3週間前に利き手の指を骨折したので・・ホント大変でした。後悔を凄くしたので。しかもテニスと関係ない所で。気を付けて欲しいです。

 

残り1か月!とことんテニス漬けで頑張りましょう♪

 

 

宮城郡ソフトテニス中総体IN七ヶ浜

こんにちは!

かーちです(^^♪

 

この前お昼にナポリタンのチャレンジメニューというのがあり挑戦してきました。

900グラムだったのですが僕なら行けると自信満々で挑戦しました。

5口目までは美味しく頂いたのですがそこからは胃に詰める作業となりました。

なんとか完食もしばらくナポリタンは見たくない気持ちでいっぱいです。

テニスのチャレンジメニューがあるなら喜んでチャレンジしたいものです。

 

さて、先日は宮城郡の中総体があり観戦に行ってきました。

f:id:kazumiyu:20190610082544j:plain

うちのクラブの中学生達が多く参加しているので見ごたえばっちりです。

参加校は

男子

利府中、利府西中、しらかし中、七ヶ浜中、松島中

女子は

利府中、利府西中、しらかし中、七ヶ浜中、松島中、向洋中

(だったかと思います。)

うちの子達はほとんどが利府中、利府西です。七ヶ浜中にエースの一人が居ます。

男女共に第一シードはうちの子達だったので群では危なげなしです。

男子は2ペア、女子は4ペア県大会に出れます。

男子は狭き門、女子は比較的広き門でした。

 

結果は

男子ベスト4がすべてクラブの子、第一シードがファイナルでギリギリ優勝。女子はエースの子が惜しくも準優勝。県大会に行けるベスト4のうち七ヶ浜中が3つ。

f:id:kazumiyu:20190610082603j:plain

七ヶ浜はかなり学校としては強いです。しかも見た感じ3ペアとも大きな実力の差がない感じがします。団体としては理想形に近いです。明日が群の団体戦なので男女ともに楽しみです。

 

正直全体的にいい試合が多かった様に感じます。

ここでやっぱり差になるなと思ったのはジュニアクラブに所属しているかどうか。

中学校から始める子が多い中で練習量も限られていて・・じゃあどうやって他の子より上手くなるかって言ったら質か量しかないと思います。もともとのポテンシャルといった部分もあるかと思いますがそれを生かすも殺すも練習の内容だし環境だと思います。

他の学校の子を見てるとギリテニスになっているなというところとちょっと見てられないところと・・

これの差は何だろうなと色々考えてました。さっき言ったクラブに所属の件もそうですが上げればもっとあるなと。

・顧問のやる気

・生徒のやる気

・上手いペアが1ペアでもあるか

・指導者がいるのか

・保護者はどうなんだ

色んな環境が重なって部活って出来ているなというのを改めて感じました。

昨日一番衝撃を受けたのが女子の中学校で全ペア負けたからとお昼ごろに全員帰ったことでした。まだお昼やん!っていうのと決勝見てかないの?というのと閉会式も出ないの?ということ。

あれ?団体戦ってまだ残ってるよね?戦う相手がまだ試合してるんじゃ・・

と色々思うところはありつつもそりゃ負けるねという感情と。

もちろん全員ががむじゃらに勝ちたい子ばっかりじゃないし楽しく出来ればいい子もたくさんいると思う。単純に僕の価値観にそれが無いだけで。部活はそれでいいと思う。けどクラブはそれではダメだと思います。やる気がある子が、強くなりたい子がわざわざ部活が終わってから親に送り迎えをしてもらって、お金も払ってもらって、だらだらやってるのは良くないですよね。なんとなくでやってる子は上手くはなれない。

さっき言ったように量も大切だけど質も大切。

1球をどのように打つか。それって見てると分かるものです。上手くなったり応援されるのはそういうのを大切に出来る子。そういった所も大切に伝えていきたいと思います。

今回の個人戦で県大会に行けた子、行けなかった子居るとは思います。逆に団体戦が終わってて県大会に行ける学校行けない学校あるかと思います。まだ全部終わってないので残ってる個人戦、残ってる団体戦を全力で頑張って欲しいと思います。

2年生は先輩たちが引退する所も出て来るかと思います。自分たちの代はどうしたいのか。しっかり考えてスタートを切るようにしてほしいと思います。

県大会までの残り1か月間。悔いの少ない様に練習に臨んで欲しいなと思います。

人生で頑張れるチャンスなんてなかなか無いので。死ぬ気でもがいて欲しいなと思います。もっとあの時頑張っておけば良かったという後悔は一生消えません。

今目の前の出来ることにがむしゃらに。全力で頑張る子は全力で応援したい。

 

ひとまずみなさん一日目お疲れ様です。

気持ち切らさず今日も練習がんばるぞー!

 

 

 

人の試合から学ぶこと~注意すべき見るべきポイント&YouTubeの有効活用~

こんにちは!

かーちです(^^♪

 

今日のニュースで南海キャンディーズの山里さんが俳優の蒼井優さんとご結婚されたという話でいっぱいでした。幸せそうな会見にほっこりしながら僕も広瀬すずさんと結婚したいなという夢を諦めずに頑張ろうと思いました。

 

さて、良く子供たちに大会などで上手い人達の試合を見なさいと言うのですがただ見てるだけではなんの意味もありません。

感想も

上手かった!

凄かった!

強かった!

といった感想をいう子程なにも考えずに見ている証拠です。

見なさいと言われたから見たの典型的な例です。

見させる側もどういった事を注意させて見させればいいのか、ここが大切なポイントになります。

小学生に全日本大会の試合を見させてもなかなかぴんとも来ないと思います。

小学生は小学生の試合を、中学生は中学生、または高校生の試合を、雁行陣は雁行陣の試合を『メイン』に、ダブル後衛はダブル後衛の試合を、男子は男子の、女子は女子のを見た方がよりイメージしやすいですし近いものを感じやすいと思います。

レベルが凄く高い試合を見させるのも時には大切ですが普段の習慣の中ではより効果の高い方がいいかと思います。

さらに自分の試合を見直す事で気づいたり学べたりすることも多々出て来ると思います。

僕自身現役の時は他の人の試合を見るのがあまり好きでは無く見るより試合がしたいタイプでした。こういった所が現役の時に足りない要因だったかと思います。

今の時代便利なものでスマホタブレット、パソコンがあればいくらでも試合の動画が見れる時代です。1日1試合は試合を見るとか1日1個はなにかしらのテニスプレーを見るとかすると頭の中にいいイメージが残りやすいかと思います。

 

どういった所に気を付けて試合を見ればいいか、良くどうだったって聞くと凄かったという答えが返ってきます。

では何が凄かった?なにが上手かった?と明確にしていかなければ見る意味は半減してしまいます。

サーブが凄かった、レシーブが凄かったならどういった風に凄かったのか、カットが凄くかかってた、レシーブのコースが良いコースに行ってた!など少しづづ明確になってきます。じゃあ今自分と何が違うのか、自分がやるべきことはどういった事なのかをさらに認識させてあげると練習もより質の高いものになってきます。

試合というのはホントに見るべきところがたくさんあります。自分と照らし合わせてみるのも大切です。

初心者や小学生はどういった所を注意してみればいいか分からない子もたくさんいます。そこらへんを気を付けて子供には見させたいと思っています。そこを意識させるだけで意外に変わったりしますので。

この先中総体や県大会があります。より効果的かつ効率的に。

今日も娘と自分の試合を見て振り返りたいと思います。